包茎の治療

では、治療が必要となる包茎は何でしょう。

それは2種類あります。

真性包茎とカントン包茎と言われるものです。

真性包茎は、亀頭が包皮で覆われていて、通常時はもちろん、勃起をしてもまったく亀頭が露出しません。

皮膚の癒着の可能性もあるので、無理にむこうとすると、傷を付けたり激しい痛みを伴ったりするので、かならず東京イセアクリニックなどの専門病院で診てもらうようにしてください。

カントン包茎というのは、包皮口が狭いのですが、亀頭を露出することはできます。

しかし、包皮口の狭さのせいで、亀頭の下を締め付けてしまって、血液やリンパの流れをとめてしまうことがあります。

それによって、亀頭炎を起こしたり、最悪の場合は壊死してしまうことだってあります。

カントン包茎の場合は、手術をすることしか治療の方法がありませんので、カントン包茎の疑いがある場合や、それだとわかった段階ですぐに受診することが必要です。

包茎の場合は、恥垢がたまりやすく、不潔になってしまいがちです。

洗うことが難しいのですが、病気の原因になってしまうことも多いですので、清潔を保つように心がけましょう。

万が一包茎だった場合には、家族には相談しやすい環境を作ってあげることも大切かもしれませんね。